読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自論

アラサー女が人生を変えるためにえんやこら。日常の記録と自己実現系ブログ(たぶん)

今年で26歳なんだが、未だに抱かれたことがない。それ以前に男がいたことすらない。どういうことだこれは。(当ブログのコンセプト)

「お前もういらねえんだけど。使えねえな」と、上司から言われた。

仕事ができなさすぎて、3年目でスピード左遷に合いました。
That's my 2016年ハイライト。

ひとまず私のスペックについて言及しておこう。顔は量産型ブス。体型はシルエットだけ見たら小3男子。肋骨浮き上がってる系のガリ。Fラン大1留のアホ。特技も趣味もなくて世界観狭し。話がつまらなすぎてサシ飲みで相手寝落ち。生まれてこのかた陰キャじゃなかった瞬間が思い出せないほど、密度の高い非リアです。
 
おまけに彼氏が一度もいたことがない。
26年間、生きてきてずっとな。ヘビーなおまけだな、おい。ジャパネットタカタもびっくりだよ。20回まで金利手数料無料!じゃねーよ。
 
でもね、ぶっちゃけ不満なかったんです。
彼氏以前に人間関係がそもそも苦手科目だし。世の中持てる者がいれば、一方で持たざる者がいるわけで、みんながみんな西野カナに共感できるわけじゃない。トリセツ読ませる以前に未開封だから。誰も私のトリセツに用ねえから。
私は仕事に生きるから。
とか、ほざいてた。
 
からの左遷ですよ。
シンプルに辛かった。惨め以外の感情がなくて。純度100%の惨めさ。惨めさの濃縮還元。
惨めになる前に頑張れよっていうのは努力できる人に言ってくれ。

5時ピタで帰るゆるふわ事務さんもさ、稼ぎまくってるバリキャリ同期もさ、みんないる訳よ、彼氏が。結婚したり、出産してる人もいる訳よ。
 
で、なに。左遷された私なんなの?彼氏いなくて仕事に生きるとか言ってたけど、仕事もろくにできねえじゃん。
生きてる意味あんの?
って思っちゃった訳ですよ。
いや、気づくの遅いんですけどね。

だから彼氏がめちゃくちゃ欲しい訳でもないんです。でもさ、裕福な親に養ってもらってるニートもたぶん同じこと言うよね。「別に職が欲しい訳じゃないんです」と。
いらないけど、あったら面倒だけど、このままでいいとは思ってない。
そういうことだと思う。
だから、作るよ彼氏。
頑張るよ。

あと他にも達成したいことが幾つかありまして。

 
おいおいそれについても書いていこうと思います。
とりあえず、弟と母親にお年玉あげてきた。
 

疲れたのでしばらくやめたいと思います

「彼氏募集中です」と声高々に表明していると、同僚か友達を紹介された。先日2人で食事をしたのだが、相変わらず何も生まれなかった。会話が続かない訳ではない。ただ、その人の行動に「それモラル的にどうなの?」って思ってしまった。その時点で、この人とは友達にすらなれないと思った。なんかもう一緒にいたくなくて適当に用事つけて夕方頃に解散した。私何様だよって感じですけどね。


私は相手に合わせて無理をしてしまう傾向がある。初対面だから仕方がないのかもしれないけど、ふと、無理して2人でいるよりか、1人でいた方がマシだと思ってしまう。途中で猛烈に帰りたくなってしまう。1人は楽だし、デートしたりLINEしたりする手間を考えると、本当に彼氏がほしいのか疑問。必要とされたいし、孤独を感じたくないけど、「ただ声が聞きたかったから」とか言って電話が来たらめんどくさい以外の感情が生まれる気がしない。


とりあえず、彼氏を作ろうといろいろもがくのは少しお休み。また元気が出るまでは、考えないことにします。


自分磨きは引き続きやっていきますが、しばらくは恋愛ではない他のことにベクトルを向けて努力したいと思います。


いろいろあったようで、結果としては何もない近況報告


最近ブログを更新していませんでしたが、色恋沙汰(と言えるほどでもない)も、そうでない事もいろいろありました。


最近あったことを簡単にまとめるとこんな感じ↓


・街コンで会った男性とデートした。

・お肌の曲がり角を感じておばさん向けの化粧品を使い始めた。

・下着がなくなって1日ノーパンで過ごした。

・会社の同期が飲み会をセッティングしてくれた。

・職場での立場が危うく、本格的に転職を考え始める。

・全身の神経がチクチクと痛い。

・朝なかなか起きれない。

更年期障害を疑って命の母を服用し始める。


先日、街コンで会った人とデートしたことについて書こうと思うが、ぶっちゃけ1行で終わる。感想としては「人と人がここまでシナジーを生まないことってあるんだな」ということ。以上である。


責任は私にあると思うんだけど、双方ともコミュ障でどうにもこうにも発展しなかった。

しかも、その後LINEを送ってもスルーされる始末。むなしい。私は無口な人、苦手じゃないんだけど相手は違ったらしい。私の言動とか見た目とか醸し出す重い空気が気に食わなかったのかもしれないけど。


相手の思ったことなんて分からないこと考えても暗くなるだけだし、反省するよりはこんな自分でも好きになってくれる人はきっといるはずって前向きに考えようと思う。たまには前向きに。ただ、私はやはり人と関係性を築き上げるのが、自分が思っているより苦手なのだと思う。それに関してはどうにかしなくてはならない。空気を重くするのは得意なのだが、どうしても愉快な雰囲気が作れない。常に気分が重くてそれが隠しきれない。


最近は出会いを探しているということを積極的に発信している。その結果、会社の同期が飲み会をセッティングしてくれて友達を紹介してくれた。でも、相手の性格が良すぎて話してて卑屈になりそう。私が良い人を目指せば良いんだろうけど。


いろいろ動いてはいるけれど、私が求めているのはドキドキやときめきではなくて、生きる気力や安心なのだと最近気づいた。

つまり、恋人を作ろうと無理しなくても良いんじゃない?ペット飼ったり、温泉行ったりすればその欲満たせるんじゃない?とも思う。

むしろ恋人ができても、面倒くさくなってうまくいかないんじゃないか、と。自分に縁のないものに夢を見るのを諦めて、割り切って一生独り身というスタンスを貫いたほうが楽になるんじゃないかと思う。


私は基本的に他人に関心がない。誕生日を覚えている友人は1人しかいないし、大学時代ゼミで隣に座っていた人の名前も思い出せない。外で知り合いがいても声をかけないタイプ。そして、他人にも関心を持たれたくない。たぶん。考えれば考えるほど、一人でいたほうがいいタイプの人間だ。


一人が楽。

超楽。


方向性が見えない。

でも、明日は婚活パーティに行く。

飲み会であった人とデート行く。

どうせモテないなら、モテない武勇伝作れるくらいになってから諦めてやるんだ。


明日には諦めてるかもしれないけど。


アラサーブスが街コンにてひたすら飯を食べただけだけど奇跡が起こった話

先日ついに、友達と街コンへ行ってまいりましたよ。

今日はその話をしたいと思います。


ぶっちゃけ男性側のメンバーが「…」な感じで、目を開けたまま寝ていた私。

おかずの取り分けも友人に任せ、ひたすら口に詰められるだけ食べ物を口を詰め込んでいた。


しかし!途中からなんか塩顔の大人しめ系男子が参入。

普通にまとも。

坂口健太郎似、は言い過ぎだけどその系統。

普通に清潔感あるし、無表情だけどたぶん笑ったらかわいい。

しかし、席が離れてて全然話せない。

ずっと私の友達と話しまくる坂口健太郎。

その様子を見ながらパエリアを食べまくる私。


パエリア三皿目にして、ついに席交換タイム。

坂口、友達に「LINE交換しましょうか」と切り出す。

すかさずスマホを取り出すが、坂口は友達とLINE交換をし私の方はチラ見すらしない。

友達と交換したら今にも携帯しまいそうな勢い。

とりあえず「私もいいですか」とここぞとばかりに便乗。

というか、みんな友達の方にLINE聞く。

私はひたすら便乗し、怒涛の「私もいいですか」攻撃。

格差社会の厳しさを知りました。

惨めな人って「街コンで自分のレベルを認識する女」のことだったんだね。

勉強になったな〜!


その後も、特に収穫なく帰宅。

「飯が安く食えただけでも感謝」と一筋の涙を流していたところ、来た。

来たのだ。坂口から、LINEが、来た。

しかも坂口は友達にはLINEを送っていない模様。

嘘やろ…訳わからんと思ったけど、とりあえず即レス。

また会う約束をしました。

怪しい壺とか売られたり、セミナー行こうとか言われたらどうしよう。

断れる気がしない。


とりあえず結果オーライだし、コスパはよかった。

でもこういう出会いの場って精神力削られる。

いかに普段の仕事モードが最強かが分かる。

恋愛も仕事と思って取り組んだらうまくいくって聞いたことあるけど、まじでその通りだと思う。


それでも、出会い以外にも街コンに参加するメリットは大いにあったと思う。


まず、第一印象について意見が聞ける。(というか勝手に推測される)

男が盛り上がる、盛り上がらない話題が分かる。

どんなタイプの女性がモテるのか男性側の意見が聞ける。


男友達すらいない私にとっては、マーケティング調査に最適だなと思った。

参加費も食費やお酒代を考えると女性側はかなり安いし。

でも、初対面の人と話すの疲れるから普通に男友達ほしい。



終わり。

自分のことを少しでも「いいじゃん自分」って思えたらもう少し生きやすくなるとは思う

「早いもので年が明けて1ヶ月が経とうとしていますが、いかがお過ごしですか」的な風情溢れるLINEを知り合いの男性に送ったら、

「俺これからハワイ行ってくるからまたね」と取りつく島もなく会話を強制終了されました。やっぴー。


仕事が始まってから、恋愛とか自分磨きとか考える余裕が皆無。


今月の出来事をまとめるとこんな感じ。


【いいこと】

・模様替えをしてようやく人が住んでいる部屋っぽくなった

・クライアントと良い関係性を築けてる感

・部署内で月間初の売り上げを上げた

・自炊をするようになって手料理のバラエティが広がった

・同僚と相席屋へ行く約束をする

・入浴剤に凝りよくお風呂に入る


【悪いこと】

・何回か化粧をしたまま寝てしまった

・仕事が始まったものの頭が回らない

・週末は無気力でなにもする気が起きない

・気分がメランコリックになりがち

・慢性的に寝不足


アウトプットばかりで自分自身が搾り取られている感じ。

最近若いうちからいろんなことを経験している人と出会い、自己嫌悪の日々。たぶん彼らから見て私はつまらない、物足りない、かっこわるいアラサーババア。学生時代、ボロボロの鞄を抱えている冴えない見た目のサラリーマンを見て「もっとちゃんと生きろよ」と思っていたのだが、もはや私はそちら側。(別に鞄はボロボロじゃないけど)このままだとからっぽのまま年だけ取ってしまう。恐怖。


「最近1日1分で美人になる 自分を変えるレッスン」という本を読んだ。


1日1分で美人になる! 自分を変えるレッスン

1日1分で美人になる! 自分を変えるレッスン


どうやらこの本の著者のワタナベ薫さんは、メンタルコーチとして活躍している様子。

題名からして外見磨き系と思いきや、内容は所謂「引き寄せの法則」に関すること+αという感じ。

簡単に下記に内容をまとめます。


・自分を認める大切さ

アファメーションのやり方

・自分の目指す「美しさ」のゴールを明確にする

・美のルールを思い出すフックを作る

・理想の自分になりきってイメージングする

・言葉の習慣を変える

・日々感謝する出来事を見つける

・嫌な過去にフォーカスしない

・ダメモトでやってみる、聞いてみる

・習慣を味方につける


この本を読んで習慣は大事だと思った。

全ては習慣から始まる。


私は仕事中のため息と独りごとを辞めたい。せめて人前では。毎日早めに出社し、きれいにデスクと部屋を片付けた状態にしておくことを習慣化したい。朝の30分でも寝る前の30分でもいいから、前に進むための習慣を取り入れたい。


しかし、どうすれば幸せになれるのか。


今までいろいろ我慢しすぎて、自分の気持ちや本当にしたいことがよく分からない。「彼氏をつくること」が幸せなのかというとそれもよく分からなくなってきた。


自信のなさや仕事の出来なさなど、今直面している問題を「恋愛」とすり替えているような気もする。自分自身に自信が持てるように、一緒にいたいと思える人に出会ったとき、相手からもそう思ってもらえるように。これからはそういう目的で自分磨きをしようと思う。


以上です。

頑張ります。


モテる努力をすべきか、すべきではないのか。それが問題だ。

冬休み明け「なんか雰囲気変わった?」と、職場の人が何人か声をかけてきてくれた。

髪を切ろうが、新しい服を着ようが「もしかして私は、この世に存在してないのかもしれない」と確信するほどスルーされていた私が、である。奇跡!


何が功を奏したのかは分からんが、幸先のいいスタート。


しかし、私のモテて彼氏を作る計画はさっそくある事実に大きく揺るがされた。それは、モテるためにすべきとされている所作が自分にはハードルが高すぎるということ。


前回取り上げたアルテイシア氏の本を読んだ時に、若干感じていた違和感が今回ある本をきっかけに確信に変わることとなった。


モテれ。 エロ可愛い女の知恵袋

モテれ。 エロ可愛い女の知恵袋


モテれ。この本に書かれていることの多くは、たぶん一生かかっても私には実践不可能である。


例を挙げると、「泣く時は片方の目から、涙が一粒流れるように泣く」

「喜びを分かち合うときはハイタッチからの手を握ってギュッと握る」

「手相占いかほくろ占いを習得しボディタッチをする」

「メールは3分間→30分→3日と、3のつく時間分空けて返す」

「自分を卑下して相手を褒める『私だったらそんなこと絶対できない!〇〇くんすごいー!』」


いや、無理ー。


普通にその手の職人とかじゃないからっていうテクニカル系の無理と、私が同じことをしたところで良い結果を生み出さない系の無理。


そもそも、私のようなコミュ障ブスがキモい半笑いで相手の手相を見ようとしたらどうなるか。

手を払いのけられるばかりか、「お前の生命線切り刻んでやろうか」と思い切りビンタされ、その衝撃で両目のワンデーアキュビューディファインが吹っ飛ぶという悲劇しか想像できない。


おそらくこれは、恋愛中級者レベルの本。私のような人間が手を出していい本ではなかった。しかし、見た目が良い人や一定のレベルのコミュ力がある人、人間と付き合ったことがある人はとても参考になる本だと思う。


しかし中には、私のような喪女でも参考にできるものも、もちろんある。


・聞き上手よりも引き出し上手になること

・パステルカラーや柔らかい色を身につける

・相手の動作や言葉をさり気なくマネする

・ファッション誌のモデルじゃなくてヘアメイク雑誌のモデルのメイクをマネする


あと、アルテイシア氏と同様に「とにかく内面どうこうとか言ってないで外見磨け!」って書いてあった、やっぱ。


それとボディタッチな。


この手の本は、とにかくボディタッチを強要するが、世の中にはやすやすとボディにタッチできない女もいることをわかってほしい。


私は女性でもよほど仲が良くないと腕とか肩すら触れない人間だし。


というか、モテるという工程をスキップして彼氏を作りたい、もはや。


彼氏ってなんなんだろう。


なんかもっと運命に導かれて出会うものじゃないのだろうか。


私にボーイミーツガール的なラブストーリーは1つも用意されていないのだろうか。


なんかもっと、「えっ、竹原ピストル聴くの?僕も好きなんだけど」みたいな感じで意気投合して、付き合っちゃうんじゃないのか世の中のカップルは。


そうだろ?知らんけど。


実は私はモテることに全然興味がない。

でも彼氏はほしいんだよ!たぶん!

助けてドラえもん


彼氏をつくる上でまずは目標を立てていこう。 でも彼氏ってどうすればできるんだ。 知るか。

「彼氏を作る」という目標を立てる上で

下記の2冊を参考に読みました。

 

 

この本は、理想の相手と恋愛や結婚をする上で、モテることは意味ないよって言ってる。

しかし、自分の「どうせ自分はモテない」というコンプレックスを打破する「手段」としてならアリということです。
その上でモテるために必要なのは、コスプレと思ってモテ服を着ること、口説かれる心の準備をすること、口調とテンションに気をつけること、既婚のアドバイザーをつけること、「モテない」と言いまくらないこと、自分に自信を持つこと等を説いている。
とても参考になるので、私と同じような喪女は絶対読むべき。

 

自分の強みをつくる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

自分の強みをつくる (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

 

 

こちらは恋愛系の本ではなく「なりたい自分になるためのマインド」について書かれている。
一言で言えば、「本当の自分」なんていなくて「なりたい自分」を徹底的に演じることで、なれるんだよってこと。なりたい自分をキャラクター化し、その人が歩む人生のプロットを書く。理想のキャラクターだったらどういう言動をするかなって意識しながら。はあちゅうさんはそうやって生きてきたらしい。すげえ、はあちゅうすげえよ。この本を読んで、私には理想に近づく努力がマジ足りねえクソ人間だわって思った。
ちなみに、リアルでいきなり理想の自分を演じるの無理あるわーって人はまずはSNSとかブログで見せたい自分だけ見せることを意識するといいらしいので、ここから先は丁寧な言葉遣いを心がけて書きますわ。オホホ。嘘です。

 

それから、読んだことを参考に3つシンプルな目標を立てた。

 

1. モテ系の服を毎日着ること
モテる服なんぞ右も左も分からんぞいって私が自己判断で服を買うのは、スラム街で3歳児にはじめてのおつかいをやらせるくらい危険なことだと判断し、下記のサイトを参考にした。

http://sleepyplaza.com

女子のファッションスナップに対して男子目線の辛口コメントを載せてるんだけど、コメントが面白くていちいち笑える。かつ目の付け所が的確で、参考にしたいなって気持ちになります。
通勤スタイルについても触れているのですが、どうやら目に優しい色、なるべくスカートを履く(ペンシルスカートが良いっぽい)、タイト目なアイテムを選ぶことがいいみたい。デートの予定も特にないのでまずは通勤スタイルから変えていこうと思う。

また、「メチャカリ」という洋服レンタルサービスにも登録した。
月額5800円なのですが、初月無料なので試してみようかと。

https://mechakari.com

今までの自分のテイストとことなる服をどかどか買うのはやはり抵抗があるので、1ヶ月間はレンタルでセンスを磨きたいと思う!

 

2. 常に笑顔でいることを意識する

2016年恋人にしたい女性芸能人ランキングに男性の理想のがつまっていると思い調べたところ、1位 綾瀬はるか、2位 新垣結衣、3位 有村架純だった。
http://www.oricon.co.jp/special/48765/
着目したのは評価コメント。「笑顔が可愛い」「笑顔に癒される」という笑顔に着目したコメントが非常に多かった。また癒される雰囲気がいい、見ているとほのぼのとするというコメントも、いつも笑顔を見せているから出てくる評価。いつも真顔でいると「疲れてる?」「病んでる?」と声をかけられる私はまず自然な笑顔の練習から始めなきゃなー。
ちなみに3人のブログとかも調べてみたけど、本人が更新してるのは有村架純ちゃんのインスタしかなかったからとりあえずフォローした。

 

3. 1ヶ月に1回は出会いの場に足を運ぶ
信頼している友人3名に「率直に言って私ってどうすれば彼氏できますかね?」と尋ねたところ、「紹介してやる」というありがたいお言葉や「自分にもっと自信を持て!」という励ましをもらった。
その中で痛いところを突かれたと思ったのが「月一でもいいから、相席屋とかバーとか出会いの場に足を運べよ」というお言葉。うん。まあ、そうだよね。正直言って私はそういう場所にすごく抵抗がある。知らない男の人に会うってだけで、心が憂鬱になる。男性に対する苦手意識はんぱない。まずは男友達から作るべきだと思う。誰か友達になってくれねえかな。

 

とりあえずはこの3点を意識していこうと思います。
よっしゃー頑張る!
これ書いてたら、なんかめちゃ腹減ったわ。